◇田辺市議会一般質問の予定です

田辺市議会のHPより


◇田辺市4月25日投票

「住民が主人公」の立場でがんばっている日本共産党

 田辺市長・市議選挙は4月18日告示・25日投票です。

 日本共産党は、市長選挙では「市民の声がとどく田辺市政つくる会」の畑中まさよしさんを推進し、市議選挙では現職の久保ひろつぐ、前田かよ、引退する川﨑ごいち市議からバトンを受け継ぐ新人の正垣やすひこを立て、市政の刷新と現有3議席の確保をめざします。

ご支援をよろしくお願いします。



◇2021年4月田辺市議選に3氏

日本共産党南地区委員会は1月25日、和歌山県田辺市議選(4月18日告示、25日投票、定数22)に擁立する3氏を発表。現有議席の確保をめざします。

 

候補者は次の通りです(敬称略)。

 

久保浩二(くぼ・ひろつぐ)(67)=現=。市議4期。県立田辺商業高校卒。南地区常任、田辺市委員会委員長。

 

前田佳世(まえだ・かよ)(47)=現=。市議1期。ドレスデン国立音楽大学院卒。南地区委員。

 

正垣泰比古(まさがき・やすひこ)(69)=新=。日本福祉大学卒。中学校教員を経て現在、南地区委員長。(2月13日をもって地区委員長は別の人に変わっています。)


★新型コロナ感染症対策の強化。PCR検査の強化、ワクチン接種、

 経済支援を 

★ムダをけずってコロナ対策に 

★自然と歴史遺産、農林業と地域生活をいかした観光対策 

★原発ゼロへ。再生可能エネルギー開発の際には環境保護と地域合意を 

★公共施設の屋上に太陽光パネルを 

★住民バスの運行改善、乗り合いタクシーの導入 

★市道、県道、三ケタ国道の整備。道路の落石対策、いつもてきぱき          補修を

★水害対策の強化。河川・ダムの土砂撤去をさらに

★山間部の水道支援事業を 

★高校卒業まで医療費無料に 

★文里湾架橋には反対

 


◎12月議会報告です